読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺野さんは十割そばがお好き

はてダ「後藤さんの耳はうさぎ耳」から引っ越してきました

一つ前の書き起こし記事より、金澤さん関連情報を整頓 …など

追記: その後、金澤さんはかなり調子が良くなってらっしゃいます。
半年ほど後、夏に開催されたバースデーイベントのレポはこちら
2公演目では、この病気を発表した当時のことをご本人の言葉で振り返るMCもありました

この記事内にも追記。こちらのコメント部分、金澤さんご本人が病気のことを知った時期についてです。


 -----


bk551.hateblo.jp

↑この内容を元に、ちょびっと分かったことを書き出していきます。


160210 爆夜を聴くと、1月からの金澤さんの体調不良は概ね、薬を飲み始めたことによる副作用でまとめてしまっていいのかな、と思いました。
もちろん調子が悪いから通院してるし薬を飲み始めたに決まってるのですが、どのあたりからが薬の副作用による悪化なのかが気になってました。…というのが上記の書き起こしを始めたきっかけです。
もし公表までのほとんどの期間が副作用関係ない症状で、公式発表直前に薬を飲み始めたんだとしたら、飲んでからの副作用がどれだけきついのか、元の症状もどんだけ酷いのか、って心配で涙目になってたんです。(めんどくさいヲタのさが)でも、そんなことはなさそうでちょっと安心しました。

それから、Juice=Juiceのメンバーもそんなに前に知らされたわけではないというのも改めて感じました。1月に「病気の直接的な…こう、原因というよりは、薬を飲んでたので、その副作用で、ちょっとめまいがあったりとか、あと頭痛があったりとか(by金澤さん)」休んだり復帰したりしてた時、メンバーになんて言えばいいのかと気まずくて、というような話があって、とにかくその1月下旬の流れのどこかでメンバーに伝えたような感じ。公式発表が1月25日だから、ほんとにその1週間~数日前のどのあたりか、というような感じがします。

これはたぶん、160202 We are Juice=Juiceともあーりー回での語られ方とも合致するかなと思います。この時、金澤さんは「メンバーに伝えた後いろいろ考えてしまったけど、公表後、皆優しい言葉をブログに書いてくれてて」的なことを言ってたので、「メンバーに伝えてから公表までにメンバーに会う機会はあまりなかったのかな」と思っていたので。あと、あーりーも考える期間はあまり与えられてなかった感じの語り方でしたから。

あーりーの語ったことといえば、「最初はざっくりと伝えられた」という話もあって、もしかするとこの19日以降の少人数でバタバタとイベントしてた頃に少しずつ、病名と「イベント中こういうことを気にかけてやって」的なことだけ言われてたのかなあと。たぶん、発表の直前にはメンバー全員を集めて公表に向けた話し合いの場があっただろうと思うので、「最初はざっくり」その前に伝えられて、そのあとにその公表直前の話し合いがあったのかなと。…いや、やっぱりざっくりの方も直前だった可能性もあるかなとは思いますが。とにかく、19日よりは後なのかなあ、と今は思ってます。

金澤さん自身はいつ知ったのかというのは、公式発表にあった通りなら、武道館クランクアップ以後、年始あたり、なのかな。
公式発表の「今回」がいつなのか、ってことになるんですけど、この書き方だと、金澤さんが知ったのもわりと最近というか……それこそ、知ってすぐに薬を飲み始めたぐらいのタイミングなのかなと。

もしかしたら、辛いのにドラマのクランクアップまでは薬を飲まずに我慢してたのか…?と思って涙目になってたんですが(めんどくさいヲタ再び)、そんなことはなさそうで、これも良かったです。……いや実際、そうと知らなかったとはいえ、薬を飲まずに我慢していたわけですけども…(涙目) 武道館関連の雑誌インタビューとかもだいたいドラマ撮影中に受けてるみたいなので、それも概ね原因不明の状態で答えてた、ということなんだろうなと。
先生に「もしかしたら子宮内膜症かもしれない(或いは他の病気かもしれない、どれなのか分からない)、検査をしましょう」みたいな不確定な話をされたのはもしかしたらまだ昨年末のうちだったかもしれないですけど、公式発表を読む限り、はっきりそうだとなったのは今年に入ってからかな、と思います。*1

年初めの休みが1/9からで、その少し前からブログで思い悩む様子があり、、胃腸炎で1週間安静という発表が1/13。それからハロショイベで予定通り1/19に復帰して、しばらく少人数でのイベント周りをして、1/22の名古屋単独はライブも握手会も出てたけど相当キツそうだったというのはレポで流れてきていて。その後収録のあった1/23ハロコンを途中ダウンして、1/24休み、1/25に公表なので、この1/23~の間に公表するかどうかの話し合いがあったんだろうな、と思います。
最初の公式発表の内容だけで考えてた時は、金澤さん本人が知ったのも公表直前…とは言わないまでももう少し後だった可能性も考えてたんですけど、本格的に体調を崩すよりも思い悩んでたブログの方が先ということや、その時点ではハロコンに参加できてたことを考え合わせると、やっぱり1月からの不調は薬の副作用の影響が大きいのかな、と。(それと、寒さや地方への移動の影響も大きいだろうとも思います。)


話し合い。発表直前だけじゃなくて、病名が分かった時も、薬を飲むと決めた時も、胃腸炎発表の時も、きっといろんな話し合いがあったんでしょう。金澤さんは当時も言えないままに悩んでいて、今も病気のこと自体も言ったことについても悩んだりしていて、…そういう風に金澤さんを悲しませるヲタでごめんなさいと思うんだけど、こういう風に書くこともきっと金澤さんを悲しませるんだろうな、と思うと、ちくしょうってなりますね。

でもこれは、ほかのヲタさんが、いろんな方がすでに書かれてたことを使わせてもらうことになってしまうけど、本当に居てくれるだけでいいんですよ。もちろん、金澤さんが例えば最近卒業発表した娘。の香音ちゃんとかアンジュルムのめいめいみたいに、心から新しい夢に向かって転進しますって言うんだったら、それはいいんです。いや良くない、寂しいけど、応援できます。でも、金澤さんが本当は続けたいと思ってくれてるのに、申し訳ないからってそろそろまあそれなりにやれたし迷惑かけたくないから辞めますみたいになったら、それは、本当に悔しくて、ヲタも一緒に「志半ばで」状態になってしまうんですよ…!

だから、今回、こんなに悩みながらも「続けたい」と言ってくれた金澤さんに、本当にありがとうと思っていて、そうしてほしいと縛り付けるようなことを思ってる自分を申し訳ないと思いながらも、でも、金澤さんの心に傷が残ってほしくないっていう切実な願いもあって。とにかく、休まなきゃいけない状態の時はもうほんとに、たくさんになってしまってもいいから休んでくれたらいいんです。久しぶりに行けるライブで金澤さんがいなくても、泣くけど(泣くんかい)、それでもJuice=Juiceにいてくれさえすればまたブログとか読めるし、画像見たりラジオ聴いたりしてかわいいとか綺麗とかせくしーとか暴君とかかわいいとかかわいいとか言えるし、とにかく居てくれー!って思うんですよ。金澤さんが居たいと思ってくれる限りずっと。

なんか泣き言だけだとあれなので話題を変えて。
最近思うのは、やっぱり各種ラジオとか武道館とかでも言われてるけど金澤さん、綺麗になりましたよね。大人っぽくなった。中身は変わらないのかもしれないけど。(笑)
それから、歌声がすごく魅力的になったと思うんです。これは特に去年の後半ぐらいから思ったのかな、ちょっと曖昧だけど…初めて行けた10月のNHK大阪でも思いました。前から弦楽器みたいな、弓で弾いてる感のある歌声だなって思ってたんですけど、その鳴り方がすごく綺麗になったなあって思ってます。実は私は本来癖のない歌声が一番好きなんですけど、上手い人の歌声はそういう好みを越えます。今、金澤さんの歌声、大好きです。それに、これはわりとデビュー当初から好きなとこなんですけど、感情がすごく伝わってくる歌い方なんですよ。これはもう才能かもって思います。それで歌唱技術的にもうまくなってらっしゃるので、ほんとに聴いていてすごく心地よいです。改めて、大好きです。もっともっと、金澤さんが歌ウマになっていくところを見ていたいです。
あと、ダンスも。真剣にJuice=Juiceのダンスを見たのはいじ抱きの時だったんですけど、その時も経験年数の浅さを思ってすごいなって思いましたけど、やっぱりぎこちなさも感じてたわけですよ。でも、今はぎこちなさどころか、腕を回すだけでも滑らかだなって思わされたり、腕の角度完璧だなとか、腕から手のひらの角度が直角できれいだなとか(これはNext is you!の直角で腕突き出す振りのとこの話)、見ていてほんとにいいなって思うことが多くなりました。

そんな感じですかね。(笑)

なんか、いろいろ語ってすっきりした気がします。
明日からもまた金澤さんかわいいかわいいってしたいです。

*1:2016/7追記:このあたりについては、その後やっぱりもっと前に知っていたのかな、と思うようになりました。毎日のようにラーメンを食べてた食生活にドクターストップがかかったという話が昨年9月後半、肩の不調はその前後からずっとで、足の不調も併発するようになり、10月10日のJuiceの日の舞台裏映像では一人別室に入っていく様子があり、この付近からダンスフォーメーションを抜けたり、(年明けほどではないものの)公演を休んだりするようになっています。事情を言えないまま思い悩んでいる、というようなブログは11月などにも。これだけ症状が出ているのに、子宮内膜症の診断にそんなに時間がかかるものだろうか?というのもありますし、何より、もしこの期間に病名が判明してもクリスマスのドラマのクランクアップまでは薬を飲み始められなかっただろうという事情があるので……。なので、その間我慢しておいて、後日飲み始めた……ということをあまり明確に発表しない方がいいと考えての公式発表「昨年末より何度か通院をし、医師の診察を受けておりましたが、今回診察の結果「子宮内膜症」との診断を受けました。」の可能性はあるかな、とも思っています。さらに、そのクランクアップにあたるクリスマスイベントのリハーサル?の時に金澤さんが遅刻してきて「理由は言えないんだけどね(笑)」なんてことを言うんだけど、メンバーはそれを不思議なことと捉えていない反応をしていた、ということもあったみたいで。そのあたり、植村さんがラジオで言っていた「最初はざっくり伝えられた」の意味は、「この頃、病名は伝えずに、症状や通院状況だけ伝えられてた」という意味だったのかな、と考えています。