読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺野さんは十割そばがお好き

はてダ「後藤さんの耳はうさぎ耳」から引っ越してきました

川*’ー’)<背中を押されました

大事なことなので夜中ですが追加を(笑)。

少し前の記事になるんですが、愛ちゃんの卒業インタビューが産経新聞にも掲載されていました

その中にこんな話が。

その同期の中から“異端児”が飛び出す。大学進学を目指して06年4月に卒業し、今年4月にテレビ東京に入社した紺野あさ美アナウンサー(24)だ。

 「刺激になりました。違うジャンルに歩もうとしていたところから知ってて、それで実際に夢をつかんだわけですから。人から見れば『無理でしょ』ということをやってもいいのかなって、背中を押されました」

 対照的に高橋は、モー娘。で前人未到の記録を樹立した。


愛ちゃんもね、けっこう無茶な夢をお持ちなんですよ。でも私はそれを叶えてほしい、愛ちゃんならできるんじゃないか、と思うんです。だから、ソロ活動の第一歩が帝国劇場というのはびっくりだったけど、25歳まで娘。を支えた*1ことへの事務所からのご褒美なのかなと、そして「お前の夢のためにチャンスは与えてやるから、やるだけやってみろ」というメッセージかなと思ってます。

紺野さんがアナウンサーになるなんて、最初に噂になったときは信じられませんでした。紺野さんが本気でも、まず高認に受かって、それから大学受験をして、きちんと単位を取って、何より採用してもらわないとアナウンサーにはなれない。

内々定って言われてもどこか疑ってたし、あの裏返りやすい声質で、滑舌も良くないし、成績よくても頭の回転が速いわけじゃないのにどうなるんだろう?とすごく心配でした。で、実際アナウンサーとして実戦投入されてみたら、心配してた通りだったりしました(笑)。でも最近は裏返りも減って、発音も聴きやすくなってきて、あとはどれぐらいアドリブができるようになるか……という感じ。実戦投入からまだ2ヶ月ちょっとでこれですから、これからの成長のことを考えるとちょっと、心配が消えてどんどん楽しみになってきています。そういえばフットサルでゴレイロをやってた時も、反射神経いいわけじゃないのに練習に練習を重ねて失敗パターンを次々埋めて、「(敵側が)一対一じゃ決められないから2人以上で入れに行ってますね」なんて解説されたりするようになっていったんでした。

それを愛ちゃんは同期としてずっと見守ってきたわけですね。

とはいえ、紺野さんはまだ「アナウンサーになった」ところです。愛ちゃんも「舞台演技で一部の人にちょっと認められてる」ぐらいな感じだと思います。だけどこれから、彼女らは夢を叶えていくんじゃないかなと。紺野さんと愛ちゃんの夢の持ち方・努力の仕方は違ってるけど、だからこそ刺激し合えるんじゃないかな?と思ってます。


…ということを考えながら読むと、これ↓がもう胸熱で。

「この間、会ったので『卒業するんだね』『行くからね』と言われました。こんこん(紺野)は天然さんなんで、本当に来るの?って感じですけど(笑)」


「行くからね」っていうのはもちろん、9/30の武道館のことですよええ。

紺野さんはどんなふうに愛ちゃんの卒業式を見るんだろう? それを考えるともう。

上のエントリで、「紺野さんはこの時、いいこと言ってる愛ちゃんに歓声を上げるファン達をちらっと見上げて、ニヤッと笑ってるのがDVDに映ってます。あの表情をどう言ったらいいか…。DVD見てください。(笑)」って書いたんですけど、本当にいい顔なんですよ。今の愛ちゃんを紺野さんがどんな顔をして見るかは、もう紺野さんは出演者側じゃないので私が見ることは叶わないですけど。でも、卒業する愛ちゃんを紺野さんが見ているというだけで、紺野さんと5期が大好きな私は… ウワアアアアン。・゜・(ノД`)・゜・。


私の説明が下手なもんだから読んでてポカーンになってしまってる方もいらっしゃるのではと思いますがw、まああのー、要は私のツボが激しく押されましたっていう話です。ヘヘッ(*´д`*)



あ、高橋愛を堪能されたい方には、この↑DVDじゃなくてライバルサバイバルをお勧めします!(笑)

*1:ダメな面も多い人なので、支えられるシーンも多々ありましたがw