読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺野さんは十割そばがお好き

はてダ「後藤さんの耳はうさぎ耳」から引っ越してきました

いち娘。5期ヲタの今の気持ち

ちょっと今の楽しさはうまく説明できない気がします…w でも、書いてみますw

なんかね、一つ一つうれしいことを挙げてしまうと、その個々の仕事が大きい仕事だからとか、紺野さんがテレビにいっぱい出てるからうれしい、みたいに受け取られてしまう気がするんですよ。でも違うんです。


今紺野さんはアナウンサーとして実地訓練が始まったとこで、突然いっぱいテレビに出始めて、ファンの方がその扱いのでかさにあたふたしてるような状態。どなたがおっしゃってたか、「テレ東落ち着けよ!」「他社もよそのアナウンサーを一面記事にしてんじゃねーよ!」みたいな。(笑)

でもね、いちファンから見れば、どこが重要かって言ったら「紺野さんが夢を叶えた!」ってとこなんですよ。ここ重要です。試験に出ます。そのためにモーニング娘。卒業して受験したんですから。もう少し在籍してれば、モーニング娘。の転換点の一つである「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」に出演できたにもかかわらず!(未だにこれが惜しいと思ってるいち紺野ヲタの私ですw 出演だけでなく、そのための基礎レッスンもすごく有意義だったと思うので)

しかし実際アナウンサーになってみると、さりげなーくテレ東さんが発声練習や打ち合わせを含む裏側動画をアップしてくださったりしてまして、これからまた紺野さんの成長物語を見られるんだなあ… ってことにもかなり喜びを感じてたりします。今放送に乗ってる紺野さんのアナウンサーぶりを見ても既に、収録が後のものになればなるほど固さが取れてきてますから。それでも今の技量はまったく世間の注目ぶりに見合ってないと思いますがw、これからの成長は楽しみです。そして、この夢*1のためにもうひとつの道、モーニング娘。そしてOGとしてアイドル・芸能の道を進み続けるという道を諦める勇気を持ってる紺野さんを尊敬します。


一方、紺野さんが諦めた道を今まさに進んでいる同期たちはというと。


紺野さんとほぼ一緒に卒業して、今は舞台中心の活動をしてるまこっちゃん。今年はドリーム モーニング娘。でツアー回ったりしつつ、やっぱり舞台出演してます。

彼女はモーニング娘。在籍中にぎっくり腰やらかしてしまってその後太ってしまって、かえってキャラは立ったし人柄が愛されもしましたけど、その印象が強くなってしまったがためにせっかくのダンスの腕前や色っぽい歌声があまり認知されないまま卒業することになってしまいました。*2

しかしですね、舞台でホンを書かれる側の方(西澤周市さん)がそのダンスを見込んでくださって、はからずも卒業後もダンスを披露する場に恵まれたり。今だったら、ドリームモーニング娘。のコンサートで生き生きとダンスを披露したり、してるらしいんですよ奥さん!しかもマコの評判がなかなかにけっこうすごいっぽいんですよ! 観に行きたいいいいいいいいぃとハンカチ噛みまくりな5期ヲタの私ですがその評判だけでもマコの技量や成長が伝わってきて、話を聞いてるだけでも私はうれしいんです。(……いや、聞いてるだけでもと言わずそのうち観に行きますけどね!)

今は春と秋のドリムスツアーの合間なので、また舞台「黒椿」に出演します。この稽古動画が上がってまして……殺陣は初めてということで、ダンスほど「これはすごい!」ってわけではありませんが、表情がね、いい表情するなあと。舞台の説明も淀みなく興味を惹く内容で、ああ、そういう面でもまた成長してるんだなあと。ドリムスの方でも、共演してる中澤姐さん曰くもんのすごい真面目だと。めちゃめちゃ練習しながら、共演するOGたちに追いつきたいんだって言って泣くんだそうです。事前にも、一緒に活動したことのない中澤姐さんとの距離を縮めようと、リハ開始前に食事に誘ってみたりとか。それに、ドリムス結成以前からダンスレッスンは個人的に行き続けてるみたいです。そういう意気で舞台にも臨んでるんでしょうから、成長するのもそりゃそうだろうなと思ったり、そういう人を応援してることに喜びを感じたり。

……ところで↑の動画、マコトークの後ろでおちゃらけてる和泉元彌さんがお茶目です(余談)w



さてさらに一方、今年の9月末でモーニング娘。を卒業するリーダー愛ちゃん。愛ちゃんもおそらく舞台中心の活動になります。昔から宝塚だいすっきな人なので。ていうかそのために歌もバレエも習ってた人なので。ていうか既に一つでっかいのが決まってるので。

……ほんとにでかいのがファンとしても心配ですけど、一方で「愛ちゃんならやってくれる」とも思ってます。


現在愛ちゃんはリーダーだからとか卒業前だからとか、トークはカミカミでもダンスと歌の技術は良かったりとかでちょっと大きく評価されすぎな面もあると思います。でもやっぱりいいもんはいいとも思います。ていうか私愛ちゃんのトーク好きだし(関係ない)。*3

以前どこかで、「愛ちゃんはコンサートでもCDと同じように歌える」って書いてた方がいらっしゃったんですけど、それ違う。と思ったんですよ。そうじゃなくて、「愛ちゃんはCDよりもコンサートの方が凄い。コンサート(もしくは舞台)で聴かないと本当の良さが分からない」と思うんです。CD音源では、愛ちゃんのあの響き渡る歌声が伝わらない。音の圧力が分からないじゃないですか。あの人はCDよりも現場の人です。CDで得できるタイプの声質じゃないと思うんですね。余談ですけどコンサートに行った知人曰く、平原綾香さんもそうみたいです。私もぜひ聞き惚れに行きたいと思ってます(ほんとに余談)。*4

「愛ちゃんならやってくれる」のためにちょっと横道に逸れましたけど、じゃあ何がうれしいかって、愛ちゃんの夢への第一歩が今年まさに始まるからです。と言っても今までにも宝塚の方々と舞台で共演する(しかも主演)という大きな夢を一つ叶えてしまってる愛ちゃんですけど、ソロで外部舞台に挑戦するって面ではこれまで卒業してきたOGたちの後を追うことになるわけです。

その第一歩が「おいそこからかよ!」って場所なのがガクブルですけど、これは愛ちゃん本人と、これまでのOGたちの実績も買われてのことじゃないかな、とも思ってます。とりあえず今はモーニング娘。卒業に向けてラストスパートに入る愛ちゃんですが、そのラストスパートも卒業後もすごく楽しみにしています。



さて最後にガキさんこと新垣里沙ちゃんです。ガキさんは今モーニング娘。サブリーダーで、愛ちゃんが卒業した後はモーニング娘。リーダーに就任することになります。

ガキさんモーニング娘。に加入した時につんくさんに言われたことをご存知でしょうか(ファンですら記憶の彼方、およそ10年前の話ですw)。

「ダンスに対する気持ち、そしてモーニング娘。に対する大好きだって気持ちが、すごい伝わって来ました」


実際には声質で合格したんじゃないかとも思ってますが*5、 ものすっごいモーニング娘。が大好きな、モーヲタ代表ガキさんと言われた彼女がリーダーです。12歳で加入した最年少ガキさんがリーダーです。時代は移り変わるんですよ。9期で加入したメンバーの中に、モーニング娘。誕生よりも後に生まれた子がいるようにね……!(((( ;゜Д゜))) *6


ところで。

歴代のリーダーや卒業後のOGたちの様子を見る限り、現役モーニング娘。でいること、そしてそのリーダーの座にいることはかなりのプレッシャーになるようです。卒業後突然トークが流暢になる方もよくいらっしゃいます。w

矢口さんなんて基本流暢な人ですが、リーダー就任前後には「矢口さん、大丈夫だから。そんなガチガチにならなくてもあなたできる子だから!」ってファンの私が画面の向こうに声援送りたくなるような時もあったんですよ。


それだけ、「モーニング娘。」って看板は重い。97年から始まって、もう14年になろうという看板です。ガキさんにもおそらくプレッシャーはかかってるでしょうし、バトンタッチ予定の愛ちゃんからガキさんを心配する言葉が出たこともあります。いちファンの私も心配しています。ガキさんは下の子の面倒見るのもうまいし好きみたいだけど甘えんぼでもあるし、ツッコミのつもりでボケだし、ダンスはかっこいいし歌声は雄々しいしシンデレラで王子役を演じた時なんて「全てがちっちゃい」という男役としてはかなり大きいハンデを跳ね除けてかっこ良かったし歌ダンス演技を基礎のある愛ちゃんと戦えるレベルに持っていった元素人というすげー人ですけど、アホです(キッパリ)。まあアホのリーダーというと“中興の祖”とかカッコイイこと言われてる吉澤さんも相当のアフォなので前例のないことでは全くないんですけど、アホです(キッパリ)。

しかし。ガキさんは今のところ、そういうプレッシャーを跳ねのけているように見えます。全くかかっていないという風ではなく、「跳ねのけている」。元々、プレッシャーの掛かるような場でも常に声を張るという、当たり前のようで案外難しいことができる人です。5期のファンからすれば彼女は5期の末っ子で、メンバーに甘えてる場面もよく見てて、そういう場面でこそ本来の可愛さが輝くような無邪気な人だって思うんですけど。だから心配なんですけど、でも、上記のような強さも持ってる人です。


そしておそらく、リーダーになることで何かが変わると思います。ガキさんモーニング娘。も。

その変化がどんな方向に向かうか、それがいいことか悪いことかw、もちろん今の段階では分かりません。が、それを見られるというのがね、うれしかったりするんですよね(笑)。私がハロプロのファンになったのは2004年なので、中澤さんがリーダーの時代は知らないんですが、それからでももう何代もリーダーの代替わりを見てきて、加入や卒業を見てきて、それによる各メンバーやモーニング娘。の変化も見てきました。絶対変わります(笑)。モーニング娘。の歴史の転換点ってやつです。それがまさに今。


ガキさんリーダーはとりあえず、今の新人9期に加えて10期も迎えることになります。もしかしたら愛ちゃんがいるうちに加入するかもしれませんが、実質ガキさんリーダー期ってことになるだろうと思われます。それによる変化を見るのも楽しみですね。ガキさん大変だろうなぁと思いつつ、いち5期ヲタとして微力ながら応援させていただきます。m(_ _*)m

*1:ちなみに、紺野さんは小学生の頃、有森裕子さんにインタビューする女性アナウンサーを見てかっこいいなと思って、アナウンサーになりたいなと思っていたそうで。そのことを、ちょうど進路を考えていた頃に思い出し、それから猛勉強を始めたそうです。(モーニング娘。はみんな必ずいつかは卒業しますから、その後どうしたいかは個々が自分で考えないといけません。)

*2:この辺は人によって見方ぜんぜん違うと思いますけどね。当時からコンサートによく行かれてた方はマコダンスのことをよく知ってたはずですし。でも、まこっちゃんが在籍してる頃のモーニング娘。のファン界隈は、それほどダンスや歌の技量を強く評価する空気ではなかったように思います。

*3:たぶん、まず声が好きなんだと思いますw 聞いてて落ち着く。これガキさんもそうですねー。特にラジオトークがイイです。

*4:もしかしたら再生環境にウン十万とかけてらっしゃる方なら愛ちゃんや平原さんの歌の良さがCDでも分かるのかもしれないし、↑のコメントを書かれた方はそうだったのかもしれません。それが本来のCDの力だろうから、この評価は適切でないかも。^^;でもまあ、それだけかけてる人の割合がどれほどかと考えると、やっぱり生で聴きに行かないと分からないかなあ、と(その方が再生機器より安いですし。w)

*5:つんくさんは声質とそのバランスをかなり考えて採用を決めてるみたいですから。ガキさん良い歌声なんですよこれがまた

*6:鞘師里保が1998年5月28日生まれ、鈴木香音が1998年8月5日生まれ。モーニング娘。結成は諸説ありますが1997年8月〜9月頃、メジャーデビューは1998年1月28日です。