読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紺野さんは十割そばがお好き

はてダ「後藤さんの耳はうさぎ耳」から引っ越してきました

行ってきました

行ってきましたよ、新宿コマに!

24日昼と25日夜すなわち千秋楽に!


24日は東京在住の友人と、千秋楽は一人で行きました。なので以降友人の感想も挟んでいきます。


シンデレラ the ミュージカル

まず思ったのは「生で聴く愛ちゃんはDVD以上に凄い」ってことでした。パートもたくさんあるし人気もあるからDVDでもよく抜かれてるけど、上手いけど、それでもあれだけじゃ足りないなという感じ。生で聴いたらほんとに上手いんだもん。ってDVDでも分かる人には分かるのかもしれないけど、私には無理ですw 最近は愛ちゃんが前よりさらに凄くなってるからか、私にもちょっとは分かるんですけどね。でもやっぱ生愛ちゃんすげー。

あとガキさんも良かったなあ。ガキさんはまず演技の方に惹かれました。基本は豆王子(ってバカにしてるんじゃなくて、可愛い少年王子ってことですよ)でニコニコしながら見てたんですけど、倒木?に腰掛けて右足だけちょっと木に引っかけるところなんて本気でかっこよくてうわあああって思いました。それがあったからか、千秋楽では上で言った少年王子の印象すら忘れて、本気でかっこいいと思い始めている自分が怖かったです。別に少年だって好きなのにw というか、千秋楽では途中どっか一度ガキさんであることを忘れてた気がします。シンデレラも、愛ちゃんであることを忘れてた瞬間があった。でもガキさんは王様と女王様との昭和コントのお陰で思い出しましたけどねwあれ大好きw 24日か25日か忘れましたが、お母様出現に驚いてうおぉおおとか言っててものすごくガキさんでしたw あ、それでもちゃんと王子だったんですけどね。本気でガキさんに戻ってたわけではなくて、ガキさんセンスだったんですよね(笑)

そうそう、倒木に腰掛けるクリス王子のシーンではフランツが王子の横に靴を置いて去る部分があるわけですが、正直↓のアッー!なスレを思い出しましたw いや、それとは別に二人ともかっこよくてすごく良かったです。去る前に小春フランツが客席側へ一礼するんですがまーサマになってること。かっこええ。

あ、でも小春は時々舞台上で小春に戻るのをやめるようにw シンデレラ宅に靴持って行くシーンとか継母ジョイポーシャにつられすぎw 小春は歌が上手くなってもうちょい声が低くなって滑舌が良くなって演技が良くなったら王子になれるのにねと友人と語り合いました。友人は小春が二推しなので小春ばかり見ていたようですw(一推しは吉澤さんなので、現娘。では一推しにあたる)小春が妖精二人を脇に従えて踊るシーンがありましたが、あれもかっこよかったなあ。あ、そういえば小春って猫背猫背って言われてたわけですが、もしかして直ってました? 全然気になりませんでした。劇中だけじゃなくてミニライブの方でも猫背じゃなかった気がする。…で、友人がそこでもまた「小春ちゃんばっか見てた」んだそうでw かっこいいとか可愛いとかピースの小春ちゃんバージョンが見れて良かったとか言ってました。あと、小春とは別にシャボン玉が聴けてうれしいって言ってましたね。


でそんな小春推しの友人ですが、愛ガキのハモる歌が良かったとも言ってくれてました。うん、良かった。それ以外でもほんとに愛ちゃんずーーーっと歌ってるなって感じなんですが、私の見た2回はかすれもなくて堂々としてた。ガキさんも低音が響いてた。

あと友人はリンリンも褒めてたかな。ずっと笑顔なのがいい感じだそうで。笑顔だし、キビキビしてましたね。ラッパ扱いはジュンジュンも含めて「うわ凄い」って思った瞬間がありました。上手いかというとたぶん上手くはないんだと思う(滑らかではなかった気がする)けど、普段見ないものなのでやっぱ驚きました。パンフレットで見るとやっぱりリンリンの方が脇が締まってて綺麗ですね。芸歴は伊達じゃないなあ。

みっつぃも笑顔に関しては好印象だったみたいです。が、同時に「可愛く見えたり、あれ?って感じに見えたりする」と言ってましたw 私も否定しませんでしたw …ただねえ、ほら、みっつぃってヤワラちゃんに似てるって言われるじゃないですか。でも私昔からヤワラちゃんかわいいって思ってますから、ヤワラに似てる=ブサイクという構図自体が分かんないんですよねw ブサ専とか言われるのかなこれって。私、吉澤さん超絶美人だと思うしさゆのドレス姿はダントツだと思ってるんですけどねぇ。これは狼さんもある程度認めてくれると思うんだ。てわけで、自分の趣味と合わないからってそういうこと言うのやめてほしいわ〜。(w

あ、ただ、ヤワラちゃんとみっつぃを比べたらみっつぃの方が可愛いと断定できてしまいます。そこは大変申し訳ないですがみっつぃ大好きなので、それこそ好みの問題ということで許してください(笑)


そうそう、友人はさゆに関してはむしろ終演後にパンフレットを見たときに可愛いって言ってましたねえ。スッピンもしくは薄めらしき稽古場風景のなか、それでも全く印象が変わらないさゆ。あんたはどんだけ素で綺麗なのかと。ああ、舞踏会シーン良かったなあ……。でも、舞踏会では友人は小春の方ばっか見てて相手が誰かなんて見てなかったみたいですw

突然冒頭に戻りますが、最初の妖精シーンでさゆとみっつぃが歌いますよね。そこでみっつぃの声がほとんど聞こえなかったんですが、それってさゆの方が声量があるということなのか、それともさゆの声が特徴的過ぎるのか(w とりあえずダンスはみっつぃよりさゆだなと思いました。ただこれは2回目に思ったんですけど、みっつぃはダンスというより子供がはしゃいでる感じでそのままダンスもしてるのかな、とも思ったり。普通に演技してる時と同じ動き方だった気がするので。もしそうならみっつぃすげー。ただ、ダンスの技術がまだ追っつかないのは事実だと思います。たぶん。


あとジョイとポーシャですが、友人はまず二人の声の高さにびっくりしたみたいですw 元々二人とも声高いけど、テンションが上がると声がどんどん高くなる演技(?)だったから余計にすごかった。ノノ*^ー^)クレオパトラか、ポーシャかと言われている私よ? と言ってる時の高さはやばかったですw あそこの掛け合いは面白かった。しかし一番良かったのはもちろん愛華さん。愛華さんはきっちり「継母」のままではじけてらっしゃいました。あ、でもれいなも亀ちゃんも、地のままの役をやってるわりに元に戻っちゃうまずさは私は感じなかったですけどね*1愛華さんがはっきり素晴らしいとわかっただけであって、亀れなもめっちゃ楽しかったです。ちなみに2人の中ではどちらかというと亀ちゃんの演技が好みだったんですが、そもそも私は昔から6期じゃ亀ちゃん派なのであまりあてにはなりませんw 18歳病だけど、別に19歳以降それが下がるわけじゃないしねw 千秋楽の2人の喧嘩っぷりは凄かったなあ。笑った笑った。……ただ、スープのアドリブのとこは、笑いが起きてたのは知ってるけど全然見られなかったです。面白かったみたいですが、私は愛ちゃんを全力で見ないといけないので無理でしたw ここは細かいからチラッと見るだけじゃ何が起きてるかさっぱりだしなあ。


……あー、「見てない」で思い出してしまった…… いつも愛華さんが小春伝令官に「麗しの瞳の」とか言いながら迫ってくる例のシーン、最後にいつももうひと迫りするみたいで、でも私24日も25日も見てなかったんですよ。知らなくて。そしたら千秋楽はものすごい盛り上がりが起きて、ハッとそっちを見たときにはもう全て終了してたという。どうやら王子とシンデレラじゃなくて継母と伝令官がキスしたようでw 小春は素で呆然としてしまっていたらしいw あー見たかった。それはぜひ見たかった。村娘見ちゃってたよーさゆとみっつぃが面白いことやるからさあ。二人のばかー! ま、まあ亀れなのその部分でのアドリブはだいたい見たからいいさ。いや良くないけど。でも面白かったw 人が多くて色々クロスするから具体的に何やってたかちょっと思い出せないけど面白かった。

あもう一つ思い出した。村娘のみっつぃーをいつもいじめる男の子がいるんですけど、いつもならイタズラしてみっつぃの人形とって泣かせるだけなのに千秋楽は最後にバラを一輪渡してました!超照れながら!かわいい…そこは確か暖かい拍手が起きてましたw たぶん宝塚のお姉さまだと思われますが、あの元気な少年はどなたなんでしょうか。背がみっつぃー(154.5cm)ぐらいしかなさそうでした。


あとガキさんの王家でのアドリブも良かったなあ。

c ・e・) <頼んだぞ。フランツ

リo´ゥ`リ<はい殿下。国中の、全女性にあたってみます

c ・e・) <ああ……年寄りは要らんぞw

( 執事)<いや年寄りにも合わせないと、うるさいのがおるのでございます

ここまでが基本の笑い所w でさらに続き

c ・e・) <では、年寄りは任せた(男前笑顔)

( 執事)<……王子さまは、何歳以上を年寄りと思われますか?

c ・e・) <それは、……ノーコメントだ(男前笑顔)

これじゃ伝わらないと思われますが、面白かったですw ガキさんの最初のフリは前にもあったアドリブらしいですが、執事さんの返しがGJw ガキさんの返しもGJw

料理とワインの説明のところもよかったなー。ワインの説明をしてるのはるんぱさんでいいんですよね?役柄としては執事ではないはず(?)ですが多分るんぱさん。千秋楽ではワインの銘柄にいいちこを紛れ込ませて爆笑をかっさらってましたw でもまずその前に既に拍手が起きてましたから下地も充分。惚れました。

あと、これは千秋楽だけじゃないですが「そろそろ馬の準備ができる頃なので」とか言って舞踏会に乗り気なお母様から逃げるところ、それを言い出す直前のクリス王子の表情がうさんくさすぎて最高でしたw 時報の鐘が鳴ってピンときてるところねw


でもシンデレラといる時の王子は誠実そうに見えるんですよね。誠実で情熱的。でも…とか言ってるシンデレラの手をグッと掴むんだよ。後ろから肩をそっと抱くんだよ。んで肩越しに見つめ合うところが感動的で、いやむしろその瞬間は心の処理が追いつかなかったんですが、今これ書きながらじーんと来ちゃって泣きそうですw

あそうそう、最初ガキさんを少年王子って言いましたが、その印象の原因は身長ではないと思いましたね。小顔すぎるから少年に見えるんだよ。子供は大人になる過程で顔が縦に伸びるので、小顔=年下と脳が勝手に変換するんです。またガキさんって顔の作り自体が童顔だし。

でも、私はどうやらガキさんの演技がツボみたいです。笑えるという意味でもそうだし、真剣なシーンでもすごく引き込まれる。情熱的なのがいいのかもしれない。あと眉毛の動きがいい。眉毛の動きっぷりは中ほどの席からでも肉眼で確認できましたw


愛デレラもずっと注視してたんですけど、特に初めてウェディング姿を見た時には息を飲みました。24日の観劇で一番印象に残ったのはそこかもしれないぐらい見惚れました。最後があっけないとおっしゃる方はきっとここがツボじゃないんだろうなとも思いましたw この結婚式のシーンは、めっちゃ浮かれてる継母と義姉たちも面白いし周りを飛び回る妖精たちも超可愛いですね。ていうか妖精たち、最後は一番前で二人舞台の中に沈んでいくとかおいしすぎるw 愛ガキの合間にチラチラみっつぃー見てたら、千秋楽ではれいなに後ろから抱き付いてさらに愛華さんのお尻触ってるしw ところでみっつぃー、れいなに抱きつく方が遠慮がちに見えるのはどういうこと?怖いの?w

25日は、今度は舞踏会に行く時のドレス姿に釘付けでした。妖精の女王が馬車に乗るシンデレラに外から話しかけるというような場面があって、空中から優しい目で語りかける麻路さんをシンデレラはキラキラした目で見上げるわけですよ。馬車の窓に手を添えながら。あれはねえ、シンデレラだった(何を言ってるんだ)。

あとクリス王子に愛していますと告白されて、信じられないというような固まった顔をしながら倒木?ベンチ*2に座るところもよかったなあ。脚から力が抜けたみたいな、腰が抜けたみたいな雰囲気なんです。よかったなあ。


25日夜の2幕終了後はもう呆然としてましたね。感動というか、キャパオーバーという感じで。女子トイレに行ってみたらちょびっとだけ並んでましたが、そこでおばちゃまが「終わっちゃったねえ」としみじみしてらっしゃいました。ほんとそんな感じだと心の中で同意してました。

その後のミニライブは、シンデレラコンプレックスが終わるぐらいまでまだまだ呆然としてて、なんとか戻してライブを楽しんだものの終演後もボケッとしてたら駅じゃない方向にかなり歩いてしまいましたw まあ特にボケッとしてなくてもかなり強烈な方向音痴なんですけどね……。だからちゃんと気をつけてないとダメなのに。地図持って行ってて良かった。あと、あまりにボケッとしてたのでついコレクションメッセージ入り生写真とか買っちゃったw 中身はさゆでした。ええーみっつぃ〜の方がいい〜(w


ミニライブではそういえば亀ちゃんが凄かった。これは24日も25日も思いました。私の席が下手側だったのもあるのかなあ? 亀ちゃんがこっちに来てるときの印象が強く残ってます。激しかった。凄かった。あ、あと愛ちゃんのデコ出しがとっても猿でしたw でも25日は不思議にそれがかっこよかったような気がする。いつもの印象と違っててなんかドキッとした。ガキさんはなんか強い感じのダンス。動きが大きくて、常に力が入ってる。現場でガキさんを好きになるという話がわかる気がした(既に好きだから無理だけど)。シャボン玉で最後思いっきり崩れ落ちるガキさんが見られて満足です。

私はミニライブが宝塚形式じゃなかったのは大歓迎ですね。宝塚形式のはそれはそれで本職の方が今回はやって下さってるわけで、どちらも見られてほんと満足。曲に合わせて手拍子するのも楽しかったなあ。麻路さん超かっこよかった。おどけながら出てくる愛華さんがお茶目だったw そこに2人で出てきて混ざるクリス王子とシンデレラは……感動物だった。でも一個だけ心残りがあって、手拍子を楽しみすぎて実は宝塚の方々のダンスをじっくり見るのを忘れてたんですよね。なんちゅーもったいないことを。あ、でもここじゃなくて妖精さんたちのダンスなら見てました。前列下手側の方のダンスが好きでした。


そういえば、25日は劇中クリス王子とシンデレラが出てくるたびに注視どころかずっとオペラグラス覗いてましたw でもキスシーン(手にねw)は肉眼で見てしまった…油断した。でもこの二人でのシーンだとやっぱり、重要なのは歌じゃないかと。愛ちゃんの高音とガキさんの低音がどっちもただそれだけでもすごくて、それが少しの間だけ一緒になるのが焦らしっぽくて良かったですw いや、ハモるのは少しの間だけなんですけど、満足感は凄いんですよ。んでその短いのが繰り返し来るんです。

この曲は他にも妖精とか全員とかでも歌ってて、かなり印象に残りますね。あと小春のソロから始まる王子様の名前の歌もw 皇太子殿下のクリストファー・ルパート・ウィンダミア・ウラジミール・カール・アレクサンダー・フランソワ・レジナルドランスロット・ハーマン・グレゴリー様の開かれる舞踏会の歌。あれはめっちゃ楽しくてつい口ずさみたくなります。でも王家の名前が長すぎて出てこないので適当に鼻歌ですw




よく言われることですが、やっぱり一回目の観劇と二回目とでは印象が違いました。もちろん千秋楽ならではのアドリブとかそれに限らずノリノリの出演者たち+ファンたちという相乗効果もありましたけど、やっぱ自分がまず全然違うなと。見え方としてはっきりどう違ったとは言えないんですが、25日はもう最初から何も起こってないのに自然と笑顔で見てる自分がいたんです。やっぱり実際の舞台の空気はいくら事前に予習しても分からないので、当日初めて分かったこともたくさんあったし。ハロプロの現場もえーと……そういえば2年以上ぶりだし。そもそも新宿って街自体、初めてとは言わないけどあまり知らなかったし。一回目はやっぱどこか緊張してたのかなあと後から思いました。事前のシンデレラやバスのチケット調達もかなりギリギリだったんで、その緊張も尾を引いてたしw バスあるのにシンデレラのチケットがなかったらどうしようかと思いましたよ。バスはバスで希望の便が残り一席だったから冷や汗かきながら予約したし……。いやあ、観られてよかったです。観に行ってよかったです。


事前の予習に使った1957年版 → http://jp.youtube.com/watch?v=7W1GSXfkaWs

これから見るつもりの1965年版 → http://jp.youtube.com/watch?v=idgStylqpco



その他

24日の公演を見るために大阪リl|*´∀`l|から夜行バスで向かったわけですが、豪雨*3の中集合場所で待ってるとですね、隣から九州行きとか出てるわけですよ。「あ、鹿児島…試合…」みたいなね。ちょっとそこは切なかったです。ただ一応ガッタスの試合は見たことあるのに対して宝塚コラボは一度も見たことなかったので、優先度としてどうしても東京になっちゃいました。こんこんごめん。ちょっとだけニュースで見たけどかっこよくて可愛くてこんこんだった。短いけどなんか凄かった。プレイ内容についてはただでさえ分からないのに短すぎて余計分からなかったけど、なんかすごくかっこよかった……。次は友人を吉澤さんと紺野さんの現場に誘えるようリアル世界で精進します。友人はこんこんがギャルに興味持ってるのが気に入らないらしいですがw


ちなみに今回誘った友人はハロヲタではありません。でもハロプロを微妙によく知ってます。それはなぜかというと、日曜昼過ぎまで適当にテレビを見て、午後に買い物に出掛けるからだそうで……あらららら。いやそもそも@に変わってから時間が変わったので見失っちゃってたらしいですけどね。だから小春の最近の暴走ぶりは知らないようで、ギャルが嫌いで真面目な彼女がこれからも小春を好きでいてくれるだろうかと私はとても心配です。そしてみっつぃーが豹柄好きの関西ギャル趣味なんてことはひた隠しにしておこうと思いますw

情報源がハロモニ+バラエティ・ニュースなので娘系以外のことはあまり知らない人ですが、℃-uteの存在自体はレコ大のおかげで知ってる様子。彼女の趣味に合わせてとりあえず矢島さんをお勧めしようとしてるところですw 写真とか持ち合わせがないのがあれですが…まあ、そんなにお勧めしなくても彼女ならそのうち矢島さんを好きになってくれると睨んでますw けっこう忙しいみたいで℃-ute情報に触れる機会が少ないことだけは難点かなあ。ベリキューもどうなるかわかんないんですっけ。困るよそれはー(どっちにしろ彼女が見られる時間帯ではないけども)。あ、今気付いたけど新宿で本屋にでも寄って写真集見せれば良かったのか!すっかりしくった。

*1:最初の頃はそういう感じがあったらしいですが、見てないので比べられない

*2:白い貴族ベンチ

*3:矢島さんのせいらしい?w